FC2ブログ
  官能小説(短編集)。SM、近親相姦、人妻調教など。波乱万丈な人生を歩んだ松子から、濃厚な女のため息と本音を受け取ってほしい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。

もう、うちには来てくれないの?
あれからずっと、あなただけを待っているのに。。。


何時間も寝つかれない夜、あなたは訪れてくれた。
あの頃、私は都心の狭いアパートで一人暮らしだったから、
あなたが来ると、廊下に響く足音と鍵を回す音ですぐにわかったの。
でも鍵なんて渡してないのに、なぜ持っていたの?


あのアパートには6年間住んでたけど、その間あなたが来てくれたのは、3回だけ。
来ても長居はしてくれなかったわ。
それなのに、今でも私はあなたの事を思い出すと、胸がキュンとくるの。
そして、心も体も何かに包まれたみたいに、すごく温かくて安心するのよ。




最初の日、覚えてる?

あなたは私の寝床にちょこんと座ったわ。
そして二人は声を出さないのに会話ができた。
私はそれが嬉しくて、いっぱいおしゃべりをしたわよね。
でもね、
一つ聞きそびれたことがあったの。
「あなたは誰?」
私は怖くてずっと目を閉じていたから、あなたの顔は知らないのよ。



2回目、そう、あなたが私を抱いてくれたあの日。

仰向けに寝ている私の下から、あなたは魔法みたいにお布団から湧き出てきた。
そして背中からギューと、抱きしめてくれたわ。
あのとき、耳元の吐息が温かくて、心が和んだ。
それにあなたのそのたくましい腕に、私は溶けてしまいそうだった。
あなたのものが入ってきた時、私は生まれて初めて“誰かと一つ”になれた気がしたのよ。




そして3回目の訪問では、
ごめんなさい、嫌なもの見せてしまって。

「彼がいたんだね。じゃあ、もう僕の出る幕はないね。」

寂しげな声を落としたまま、あなたは消えてしまった。
あのとき、私の横で寝ていた男なんて、誰だか忘れてしまったわ。




あの日からもう何年立つのだろう。
あれから私も何度も引っ越して、今は家族と住んでいるのよ。
それでもあなたを忘れられない私って変かしら?


あぁ、もう一度、あなたに・・・・。

あなたに・・・会いたい。

そして・・・抱かれたい。


もう一度してくれる?

背中からの抱擁







松子からのコメント

これは、14年前の実体験です。






スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
FC2官能小説Ranking ←官能小説の楼門!! 他の方の小説も読んでみてください
人気blogランキング ←大量一般小説。全ブログ対象だから常に大量入荷、新鮮記事!


Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。