FC2ブログ
  官能小説(短編集)。SM、近親相姦、人妻調教など。波乱万丈な人生を歩んだ松子から、濃厚な女のため息と本音を受け取ってほしい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
夜の森は、闇の世界が広がる。
月明かりと勘だけを頼りに、私は国道に向けて歩き続けた。
履いてきた草履も片方なくし、足裏にたくさんのささくれができていた。
おまけにあちこち、やぶ蚊に刺されてしまっていたが、もう痛さもかゆさも感じない。
ただ必死で、早足で、国道と思う方向に歩いた。

やっと国道へ出て来れた。
じっと、車が通るのを待つ。
こんな真夜中に車が走ることは、この村では滅多にない。

(観光客やレジャー帰りの家族連れだったら、よいのに・・)
(絶対、私の知らない人でありますように・・・)

(もうあんな地獄には戻りたくない)

逃げてきた方角を見た。
特に騒いでいる様子もなく、いつもと同じように、真っ暗だった。

遠くにライトが見えた。
私は車道に棒立ちになり、その車を止めさせた。

窓が開くとそこには・・・。



スポンサーサイト
[PR]





リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
FC2官能小説Ranking ←官能小説の楼門!! 他の方の小説も読んでみてください
人気blogランキング ←大量一般小説。全ブログ対象だから常に大量入荷、新鮮記事!


Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。