FC2ブログ
  官能小説(短編集)。SM、近親相姦、人妻調教など。波乱万丈な人生を歩んだ松子から、濃厚な女のため息と本音を受け取ってほしい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
ありさは俊介が来るのを待っていた。
週末の夜、残業を終えた彼がありさの部屋に来る。
掃除も食事も用意ができた。
初めて部屋に来る彼はたぶん「そのつもり」で来る。
ありさは誰が使ったか判らないホテルは嫌だと彼に言ったことがある。
部屋の食事に誘ったことは、俊介との初めてを迎えたいという暗黙のサイン。

ありさは今までのベットのシーツを外す。
買ったばかりの新品のシーツを広げる。
ほのかに薄いピンク色のシーツが、ありさの部屋のカーテンによく似合う。
パリッと糊の利いたシーツが真新しい衣類のような匂いが漂って来る。
ありさは彼に対してはバージン。
この真新しいシーツのような気持ち。
自室のベットとは言え、俊介との初めての夜はやはり緊張する。

ありさはシーツを両手で引っ張ってピンと伸ばす。
薄いピンク色の海がベットに広がる。
そう、このピンクの狭い海で彼と2人で泳ぐのだ。
朝までくっついたまま泳ぐのだ。
そしてピンクの海の中で、生まれたままの姿のありさと彼がお互いを求めて愛し
合う。
それだけで幸せ。
彼に全てを委ねたい。
彼の熱い求愛の波を受け入れたい。
きっと素敵な波。
22歳の女性にはその波が予想できた。
2人で作り出す波の素晴らしさを・・・。
愛しい彼だから余計に期待で心が高鳴る。
もちろん愛している人とならどんな波でも良かったけれど・・・。

ありさはシーツの一カ所を右手でぎゅっと握った。
しわがそこだけ寄る。
ありさはあの時自分がそうする癖を知っていた。
ぐーっと持ち上げられるような大きな波が押し寄せる時にそうして耐えるのだ。
後から恥ずかしくなるくらい声を上げてしまう癖も知っていた。
きっと俊介に対してもそうしてしまうだろう。
そんな予感がした。
最初の夜から淫らだけれど、もう想像の中では何度も俊介に抱かれてきた。
さっきまでのベットシーツはその姿を何度も見てきたのだ。
シーツにしわを寄せながら夢の中の俊介がありさの身体を愛撫してきた。

それは最近毎晩のこと・・・。
いけないと思いつつも、俊介のことを思うとそうしないと落ち着かないのだ。
だから彼とそのシーツの上で泳ぐというのはとても恥ずかしかった。
だから外した。

ありさはもう一度ピンと両手でシーツを広げて伸ばす。
新品の衣類のようないい匂いがする。
明日の朝、シーツには2人が様々に泳いだ結果として、大きなしわがくしゃくし
ゃと残っているだろう。
ありさはそんな光景を思い描いて、ひとり頬をほんのりと赤く染めた。


(完)

by Shyrock

作者の「愛と官能の美学」です。






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
FC2官能小説Ranking ←官能小説の楼門!! 他の方の小説も読んでみてください
人気blogランキング ←大量一般小説。全ブログ対象だから常に大量入荷、新鮮記事!


Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。