FC2ブログ
  官能小説(短編集)。SM、近親相姦、人妻調教など。波乱万丈な人生を歩んだ松子から、濃厚な女のため息と本音を受け取ってほしい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
水曜日の5時限め、
保健体育の時間である。

「女子の保健体育は、視聴覚教室にて行います」

保健体育女子の先生は、若く美しく派手な新卒の先生で、男子生徒のあこがれである。
何よりもそのボディが人気の秘密らしく、はちきれんばかりの胸、見事な肢足、ひきしまった尻とくれば思春期の男子生徒にはたまらないものがあるらしい。



5時限め、視聴覚教室でのこと。

「この時間は男性の性について、皆さんに講義します。今日は特別に実際の男性をみながらお話を進めます。それじゃあ、君、入って」

先生の声に僕はドアの前でためらった。

「なぜこんなことをしているのだろう…。思えばあの日万引きなんてしなければこんなことにならなかったのだ。いや、もうちょっとうまくやってれば、先生に捕まらなかったのに。今なら逃げれる」

そう思う反面、

「君、おもしろいことをしてあげてよ」

という先生の悩ましげな笑みにおもわず興奮した下半身が、先程からまた反応している。


僕は深呼吸し意を決し、ドアを明けた。
視聴覚教室は薄暗く、女子生徒の興味深い目が僕に集中した。

「さあ、こっちにいらっしゃい」

優しい声の女教師は、僕を教台の前に立たせた。

「さて、今日は彼に協力してもらい、男女の性について学びます。まずは、皆さんに聞きます。えーと そうね、男性と女性の体の違い、それは何かしら」

教室がシーンとした。かまわず先生は語り続ける。

「まず男性にはヒゲがはえているわよね。これは思春期に男性になるためのホルモンが増大することによって、ヒゲがはえてくるのです。このホルモンは女性にもありますが、通常男性より少ないため、ヒゲははえてこない。但し、女性でも体毛の濃い人は男性ホルモンが多いということね。」

一部の生徒が笑った。

先生はそう生徒たちに説明しながら、僕の顔を優しくなどった。
鼻ひげ、
口ひげ、
あごひげ、
ゆっくりゆっくり赤いマニュキアが僕の顔をなぜまわした。

「それから、喉。
男性は声が低くなるでしょう。
それはこの喉仏が原因ね」

さらに赤い人差し指は、僕の喉へとつたう。

ゴクン、

思わず息を飲み込んだ。
喉がカラカラだった。
しかし、声を出そうものならその赤いマニュキアは僕の喉をつきさすのではないかと思い、声はでなかった。

その指はさらに喉から下へ進み、シャツのボタンにかかった。
そして、ゆっくり上からボタンを一つずつはずしはじめた。

僕の心臓は早まった。
まわりの女子生徒も息を呑み、目は先生の指に釘さしだ。


「僕はこれから先生に犯される」



スポンサーサイト
[PR]

[PR]





リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
ゆっくりシャツを脱がされ、僕はおおぜいの女子高生の前で上半身をさらされた。

先生は僕の胸元を優しくなで、 ゆっくりと這わせていった。

「みて、ちょっと薄いけど、胸毛がはえているでしょう」

先生の手はちょっとくすぐったかった。

ゆっくりゆっくり胸から腹へ、そして今度はズボンのベルトに手をかけた。その手はなれた手つきでベルトをはずしにかかった。
生徒の中には、目をそらす者、手で目を伏せる者が数人いた。
そんな生徒を気にせず、先生はゆっくり僕のズボンを脱がしにかかった。
大人の女の手にかかった少年のように僕はお手上げだった。

はずかしかった。

僕のナニは自分の中では自慢のものだったが、それでもやはりこんな大勢の女性の前でさらけだすのは恐かった。
ズボンが足元に落ち、パンツの上から先生の手を感じ取れた。
おもわず目を閉じてしまった。
僕の下半身は前にも増して大きくなり、パンツを浮き上がらせた。

「わー」

女性生徒の数名がどよめいた。
僕は「はっ」となり、自生心を保とうとした。
しかし、もう手後れだった。
先生は浮き出したパンツに反応したのか、まめかしい声で言った。

「みなさん、前へ来て。そして、じっくり見て」

生徒たちはゆっくり立ち上がり、僕のまわりに集まりだした。
数名は目を伏せたままであったが、それでも僕のまわりに寄ってきた。


「ほら、これが男性のもっともシンボルとされるところよ。
皆さんはあまり見たことがないから、汚いもの、グロテスクとお思いでしょうが、今日の授業ではそれを克服していただきたいわ。
なぜなら本当はこれってとってもおもしろくってかわいくていとおしいものなんよ」

先生は僕のパンツを脱がした。

「先生、やめてください」

僕はとっさに叫んだ。
先生はちらっと僕の目を見たが、すぐに無視して手を動かしはじめた。
先生のテクニックの前では10代の僕は立ち落ちできなかった。


「さあ、横になって」

僕は言われるまま教台に横になり、先生に身をまかせる決意をした。
さっきまで目をふさいでいた女子生徒も興味深く僕のいちもつを見ていた。

「さあ、触りたい人がいるでしょう。汚くなくてよ、触ってみて」

先生に背中を押された女子生徒はしぶしぶ手を出した。
その生徒は運良く僕のタイプだったため、僕の下半身は今にもはちきれんばかりになった。

「だめよ。いっちゃだめ。」

先生は感じ取ったらしく僕の自制心を取り戻させるような激しい口調で命令した。
生徒ははじめて男性自身を触ったらしくその手はただなぜまわすだけだったが、それでも僕は興奮した。

「僕は大勢の女性に犯されている」





リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
「僕は大勢の女性に犯されている」

そんな屈辱感からなぜか快感に変わっている自分がいた。
僕がさらにいきそうになると、その憎らしい先生は

「まだ駄目よ。授業は終わってないわよ」

冷たいその声で一瞬僕の背中は凍りついた。

女子生徒は先生と変わり、今度は先生の顔が僕の下半身を覆った。
生暖かい舌は足の付け根をスタートし、徐々に上へ裏筋を責めだした。

「うー」

思わず声を出し、顔を歪めた。
先生の舌は、僕のあれをアイスキャンディーみたいにべろべろ音を出してなめ、僕の一番感じる個所を責めだした。

僕はたびたびクライマックスを向けえそうになったが、その度に先生はスピードをゆるめる。その山が訪れる度、次のクライマックスはさらに高い波として押し寄せる。
先生はそれらすべてを知っているのだろう。

僕はさっきから気が付いていた。
見ている女子生徒の中からためいきが聞こえるがそうではないことを。
皆、僕と先生の情事を見て興奮しているのだ。

「世の中にいくら女性経験豊富な男がいても、僕のような経験を味わった奴はいないだろう」

そう思うとこのシチュレーション事態にも興奮してきた。


先生の舌の動きがぴたっととまった。
どうしたのかと目を開けると先生の口は僕の口をふさいだ。
そして僕の下半身はぬるぬるしたものに触れた。
ゆっくりゆっくりぬるぬるした沼の中へすっぽり吸い込まれるように、僕の下半身は先生の中へ入った。

「あー」

先生の息切れが僕の下半身をも呼吸させている。


女子生徒の一人が我慢できなくなって、僕の体をなぜだした。
すると、たくさんの手が続いて、僕のありとあらゆる個所をなぜまわした。
まわりを見渡すと、自分で我慢できなくなったのか、
椅子の角に下半身をすりつけているもの、
机の上にすわって足を開き、スカートの中で手を動かしているもの、
となりの子と接吻したまま、互いの股下を探り合うもの、

この部屋には僕に刺激された女ばかりが、思い思いのことをしはじめた。

僕の上では先生は強烈に体を動かしだした。
僕はたまらなくなり先生の巨乳をつかんだ。
それを見たまわりの子は自分の服を脱ぎ、僕の手を握らせた。
僕は僕を取り巻く女たちに興奮した。
先生の締まったあそこに刺激された。
口をふさぐかわいい女の子のいやらしい声にのけぞった。

「あー、いー、いっちゃう、いっちゃう」

先生の生声が聞こえ、僕は一回めの放出を終えた。


ふと気がつくと、女子生徒たちは僕と先生をうらやましげに見ている。
先生は、長い髪をかきあげ、あくまでも先生らしく立ち上がり、みんなに向かっていった。

「さぁ、早速実習をしてもらいましょう。
 どなたかチャレンジしてみたい人は、手をあげてー」

「はい!」

いつも女子のリーダー格であるエリが手を上げた。
エリが手をあげると他の女生徒も手をあげてきた。
その中に、なんとクラスのマドンナ「薫子」がいた。
薫子のうるんだ瞳と、目があった。

「早いわねー、エリさん。
いいわ、あなたは経験ありそうだから、みんなのお手本になるでしょう。 それと、もう一人、あ、薫子さんもやってみましょう」

『え??二人相手?
女1に男複数はよく聞くが、男1に女複数はまるでハーレムではないか? 僕のあそこは大丈夫かな?』

僕の下半身は先ほどの先生の激しさに吸い取られ、見るも無残な様になっている。


突然、大勢の女性に襲われる恐怖を感じた。




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
エリが

「先生、でもこの人、もうできないかもー」

先生は

「いえ、マイナスくらいがいいの。それをリッパにさせる方法もあなたたちには教えておきましょう」

エリと薫子は前に出てきた。
早速、エリの手が僕の下半身を刺激しはじめた。

「さぁ、薫子もやるのよ」

薫子は僕の目の前に来て、ブラウスのボタンをあけだした。
潤んだ瞳は、僕の目を釘付けにした。


薫子のブラウスの下から白いブラジャーがのぞいた。
きれいなバストラインだ。思わず、僕はその胸に手をのばした。
薫子はその手を自分の胸にあて、愛撫してほしいと訴えてきた。
僕の指の動きが薫子の唇からため息が漏れさせたとき、
僕は薫子を引き寄せ、熱いキスをした。

下半身はエリの愛撫に身を任せ、
僕の脳は薫子に触れた喜びで溶けそうだった。

いつのまにか、エリの愛撫は、手から口に変わり、
僕のははちきれん状態になっていた。


「さぁ、そろそろ」

先生の号令を待っていたかのように
エリは僕の上にまたがった。
しかし、僕は薫子と離れたくなったため、
エリをバックにさせ、エリの上に薫子を置いた。
エリは僕が動かす必要もなく、腰を小刻みに動かしながら声をあげている。

「あー、いいー。すごーい、すごーい」


僕は薫子を抱きかかえ、乳房に顔をうずめ、花びらに手を触れた。
花びらはすでに愛汁をたらし、太ももにまであふれていた。
薫子は僕の手の動きにも反応し、もぞもぞとしはじめた。

「あー」

最初はため息のような声も、次第にエリと張り合うようなあえぎ声に変わり、

「あー、だめーーー。だめーーー。そこはーー」

腰を引く薫子の反応に、僕は一瞬、手を休めれば、

「あー、だめーーー。やめちゃあ、だめー。お願いー」

腰を自分から戻してきた。


エリと薫子の声は教室中に響きわたり、他の女生徒たちにも刺激をあたえていた。
女子生徒たちは思い思いに抱き合い、舌を絡ませあい、触れ合っていた。
そんな光景をみると、僕はさらに高まり、腰を激しく動きだした。
エリのものも締まり、僕の2回めは達してしまった。

次は薫子の番だ!
そう思うと、僕のはムクムクと復活し、すさまじい姿に復活した。
はがれかかった薫子のパンティを脱がし、僕の下半身を正常位で沈めた。
薫子はエリに負けまいと腰を一生懸命動かした。
女同士は、こういうところは張りあうらしい。

薫子のその一生懸命な姿をみて、いとおしく感じた。
薫子の唇に舌を絡ませると、薫子がすいついてきた。
思わず、僕はいきそうになったが、なんとかこらえた。
今度は薫子を上にのせてみた。

3人目ともなると、僕の男も芽生え、女をいのままに扱ってやりたくなった。
薫子の腰に手をやりサポートすると、
ぎこちない動きからリズムカルな動きに変わった。
額から汗がしたたり、それでも必死で腰を振りながら
あえぐ薫子の唇をむさぼりながら、僕は3回めを達した。








「キンコーンカンコン」

長い授業は終わった。
僕は教室全員の感謝の拍手を後に、教室を去った。
それ以降、、、、
僕の私生活の変化といえば、、、
変わるがわるあの教室にいた女の子に誘われた。
どうやらエリが僕のことを賞賛しまわっているらしい。
バッティングしたときも女の子たちは嫌がりもせず、
逆に刺激的に楽しんでいく。
それからこれは先生に感謝したい。
薫子が彼女になりましたー。
マドンナ薫子はこれから僕が仕込みます。







松子からのコメント

この小説は、10年前に書いたまま、どこかのサイトに置いてきぼりでした。

最近それを発見したのですが、残念ながらそのサイトには”前半”しか載せてなかったようです。
後半部分は最近追加しています。
だから少しちぐはぐなところがあり、読みにくくなかったでしょうか?

当初、これを書いたのは、会社のお昼休みなんですよ。
その時、急に書きたくなって書いてしまったようです。



ということで、これが、松子のデビュー作になります。

他の作品も、よろしくお願いします!








リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
FC2官能小説Ranking ←官能小説の楼門!! 他の方の小説も読んでみてください
人気blogランキング ←大量一般小説。全ブログ対象だから常に大量入荷、新鮮記事!


Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。