FC2ブログ
  官能小説(短編集)。SM、近親相姦、人妻調教など。波乱万丈な人生を歩んだ松子から、濃厚な女のため息と本音を受け取ってほしい・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。

私が嫁いだのは、この地域では有名な旧家。
いわゆる、山をいくつも持っており、土地の権力者だった。
最初にそのうちに入ったとき、あまりにも広い敷地とお屋敷に驚いたものだ。
ここの若奥様に私がなれるのだと思うと、信じられない。
そう、友人の誰もがうらやむ玉の輿話である。
今考えれば、なぜ私がこのうちに嫁げたのかも疑問を持つべきだったのかもしれない。
あまりにも私の育った環境と相違していたのだから。


私たちの結婚式は盛大だった。
夫になる男性は、おとなしく私にはとても優しい人のように見えたのだ。

(この人についていけるのなら、間違いないわ)

父はなれない紋付袴でいろんな人にぺこぺこお酌してまわっていた。
少しだけ、そのみすぼらしい父を見て、はじめて“恥ずかしい”と思った。
もしかしてそんなことを思ったから、神様が私に天罰をくだしたのかも知れない。


式の夜、
そう、私たちの初夜。
夫に身を預けるつもりで覚悟していた。
私は小さい頃から母に言われたとおり、夫になる人に操を捧げるつもりで、ずっと守っていたから。

こんな優しい夫でよかった。
私は今まで処女を守ってきて良かったと心から思えた。

夫が部屋に入ってきた。
しかし、先ほどまであれだけ優しかった夫は、無言で背中を向けて寝てしまったのだ。
私は唖然とし、夫の背中を見ながらぐっと涙をこらえた。
きっと疲れているのよ。
明日になればきっと優しい夫に戻ってくれるわ。
何とか自分に言い聞かせ、しぶしぶ目を閉じ、眠りについた。

しかし、翌日も翌々日も二人きりになると、夫は別人のようによそよそしくなり、私を孤独にさせた。
彼が求めていたから結婚したと思っていたのに・・・。
なぜ私を愛してくれないの・・・。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]





リンクは大歓迎です。どうぞご自由にお持ち帰りください!!
但し、小説・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご了承ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matsukos.blog110.fc2.com/tb.php/50-81fd1b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FC2官能小説Ranking ←官能小説の楼門!! 他の方の小説も読んでみてください
人気blogランキング ←大量一般小説。全ブログ対象だから常に大量入荷、新鮮記事!


Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。